ベルテックス不動産投資セミナー、副業で収入アップ

Pocket

なみ

ご存知でしたか?

株式会社ベルテックスは設立8期目ながら
年商150億を超えるペースで成長している
業界内外で話題の企業です!

注目されているのが、
年間3,000名以上から参加予約が
殺到するVertex不動産投資セミナー

いまの時代、
サラリーマンであれ、公務員であれ
こんなことを考えていますよね

・将来、年金が入ってこないのではと考えている
・税金対策を考えている
・生命保険への加入を考えている
・生命保険の保険料を抑えたいと考えている

そんなとき、
副業として不動産投資は大きな手段になります。

まずは、

ベルテックスでは
参加費は無料、1.5時間程度のミニセミナーを
開催しています。

年間3000名以上が参加予約する、
気軽に参加できるセミナーです。




なな

ベルテックスの不動産投資が
様々なメディアで取り上げられています。

チバテレビの人気情報番組も
取材に来ました!

人気芸能人も当社のセミナーを体験!

朝の情報番組「シャキット」でどぶろっくがリポート!
「どぶろっくのもしかしてリポート」に当社が出演しました。
どぶろっくのお二人も実際にセミナーを体験しています!
まだご覧になっていない方はぜひご覧ください!


アパート経営を始めたいけれど少し怖い…
そんな不安や悩みを持っていませんか?

相続対策や副収入を得るために流行していたアパート経営。
今、オーナーが家賃収入を下げざるを得ないという状況が多発しています。

いわゆるサブリース問題です。

わたしたちベルテックスとしても業界が盛り上がるのは嬉しいですが、
アパート経営やマンション経営を始めるには、
物件の選び方はもちろん融資の受け方や税金の知識、管理の仕方、
そして業者や業界そのものの知識やノウハウが必要となります。

「アパート経営で副収入を得たいけれど、少し怖いな・・・」
「アパート経営を始めてみたいけれど、何から学べばいいかわからない・・・」

あなたも今、こんな不安を抱えていませんか?

  •  □ サブリース(家賃保証)って本当に大丈夫なの・・・?
  •  □ 首都圏の物件と地方の物件、どちらが良いの・・・?
  •  □ 木造を買うべきか?RC構造を買うべきかわからない・・・
  •  □ 何室くらいのマンションを買えばいいの?
  •  □ 自分の収入で億単位の融資なんて受けられるの・・・?
  •  □ 購入するための諸経費ってどれくらい必要・・・?
  •  □ 本当に家賃収入が得られるのか心配です・・・
  •  □ もし入居者が来ず家賃収入が滞ったらどうなるの・・・?
  •  □ 原状回復費用ってどれくらいかかるの・・・?
  •  □ 毎年、固定資産税っていくらくらいかかるの・・・?
  •  □ 物件価格が高いし何千万円のローンを組むのは怖い・・・
  •  □ 買ったアパートが火事や地震で倒壊したらどうなるの・・・

大丈夫です。
上記のような不安をお持ちのあなたでもアパート経営を成功させることができます。

今回のセミナーではあなたの不安や悩み、疑問に対し、
しっかりとお答えできる内容となっています。
まさにこれからアパート経営を始めるあなたにとって
必見のセミナーであることは間違いありませんよ。

あなたがアパート経営で抱える不安や悩み。
わたしたちベルテックスが解決します。

申し遅れましたが、
わたしたちは株式会社ベルテックスと申します。

当社はマンション経営・アパート経営に関する購入相談や
物件取引を専門におこなうコンサルティング会社で、
正直に申し上げると、今期で9期目を迎えたばかりのまだまだ新しい会社です。

よく勝ち組や富裕層などと言われるよう、
得られる人、得られない人が明確になりつつある昨今、
様々な投資情報が世の中に氾濫しておりますが、
現実として投資で失敗をしたという話も少なくありません。

だからこそ、少しでも皆さまが抱える不安解消や悩み解決の手助けがしたい。
そんな理念と想いを抱き、この8年間、必死に事業を営んできました。

その想いが通じたからなのか、
おかげさまで今では年商191億円の達成するほど、
お客様から物件を購入したいと相談を頂いております。

わたしたちベルテックスのお客様は、
初めてアパート経営・マンション経営をするという方が多く、
様々な不安を抱えられているのもよく理解しています。

だからこそわたしたちはマンション経営のプロとして
投資用アパートやマンションの購入であなたに失敗してほしくない。
さらに言えば、あなたに最適な収益物件を購入すれば、
アパート経営は非常に安定した投資であることを実感してもらいたい。

そう考え、誰にでも気軽に、わかりやすくお伝えしたく
参加費無料のアパート経営ミニセミナーを始めることにしました。

あなたも是非ご参加いただけると幸いに思います。

アパート経営で多額の家賃収入?
そこには大きな落とし穴があります

先ほども少し触れましたが、最近、TVや財テク雑誌などで不動産投資の特集、
中でもアパート経営の話が頻繁に取り上げられています。

理由は、消費が冷え込むデフレ時代が続く中、
銀行各社が不動産など高額商品の購入でローンを組んでくれる顧客を獲得すべく
金利を下げ続け、家賃収入とローンの支払額を差し引いても
収入が得られる状況になっているからです。

みなさんも家賃収入に魅力を感じているのではないでしょうか。

特に5~10室ほどがベースとなるアパートの経営は、
区分(マンション一室)で不動産投資をする場合と比べても、
室数が多い分、家賃収入が多く副収入を得ることを目的とするなら
今、最も注目される投資方法のひとつであるのもうなずけます。

そんな流行するアパート経営ですが、どんな方でも成功しているのでしょうか?

アパート経営で失敗する人の共通点は、
手を出してはいけない物件を購入すること

世の中に絶対儲かるという投資など無いよう、
アパート経営も成功する人はもちろん、失敗する人がいるのも事実です。

実際、大手の不動産投資情報サイトがおこなった投資経験者へのアンケートによると、
なんと22%の投資経験者が「買って失敗した」と考えているようです。

この失敗したと回答した方の中で最も多い理由が
「思っていたよりキャッシュフローが悪い」「マイナス収支になる」
「想定外の費用負担がある」「なかなか空室が埋まらない」など
を挙げています。

アパート経営は

[1] 家賃収入の源となる入居者が付きやすい
[2] 周辺の物件相場に即した家賃設定
[3] 適正な価格と金利で購入

の3つがキモとなります。

つまり入居者が付きにくい物件を、適正ではない価格や金利で購入しローンを組んでしまうと、
必ず収支は悪くなります。

そのような手を出してはいけない物件を買ってしまうと、
あなたも「買って失敗した」と考える22%の中に入ってしまうでしょう。

さらにアパート経営では、これ以外にも収支が悪くなる要素があるのです。

あなたは知るべきなのです。
アパート「経営」でかかる本当の費用を。

一見すると苦労せずに毎月何十万円、何百万円と入ってくる
仕組みのように思ってしまうアパート経営ですが、

「うまい話には裏がある」

とはよく言ったもので、そこには巧妙なカラクリが潜んでいるのです。

 1.あなたはアパートを購入するときに、
どのくらい税金がかかるのかご存知ですか?

 2.あなたが買おうとしている物件地域の、
適正な家賃相場や賃料下落率をご存知ですか?

 3.あなたは入居者が退去したときに、
どの程度、原状回復費用がかかるのかご存知ですか?

 4.あなたは10年間のアパート経営で
どれくらい修繕費用が必要なのかご存知ですか?

これらの費用はあなたの毎月のローン支払いに
プラスして圧し掛かってくるものです。

その費用をどう捻出するか。アパート経営はそこまで考えなければなりません。

まずは「経営」という自覚を持つこと
それが運用の健全化にもつながるのです

わたしたちベルテックスは、不動産投資のプロフェッショナルとして
アパート「経営」という、経営者の視点で物件を所有し、収益を上げていくことを前提に
少人数制のミニセミナーという形で皆さまに必要な情報をお伝えしています。

つまりアパート経営を始めるなら、
まずあなたにも経営者という自覚を持っていただきたいのです。

もしあなたが会社を経営するとしたら、ムダなコストなんて出したくないですよね?
なぜならムダなコストを出してしまうと、自分の儲けも減ってしまうから。

もしあなたが会社を経営するとしたら、健全な業界であってほしいと思いますよね?
なぜなら何でもありでルール無用な業界は必ず法的な規制が入り、
もっと敷居が高くなってしまうから。

アパート経営も同じなのです。
そしてわたしたちも同じように経営者として、プロとして、
業界の健全化を願っているのです。

だからこそ今回のミニセミナーでは、
不動産業者が隠したがる真実を「経営者」であるあなたにお伝えするのです。

ベルテックス主催の不動産投資セミナー!

★昨今話題のシェアハウス問題を回避するには?★

年間3,000名から参加予約が殺到する

業界内外で話題騒然の不動産投資セミナーです

当日予約申し込みも大歓迎!

・参加費用は無料です!
・水曜・木曜・金曜・土曜・日曜・祝日まで毎日開催!
・参加時間も10:30、13:00、16:00、19:00と4つの時間帯から選べます

当日の参加予約も大歓迎ですのでぜひ気軽に遊びに来てくださいね。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加